『感想』人をダメにするちょいブスの無料ネタバレ※過激なエロ画像あり観覧に注意

柱に吊るされた人をダメにするちょいブスの。

その怯えた表情が男の劣情を煽る。

「っ、そこ、だめぇ……っ!」

太い肉棒をずぶずぶと沈める。

乱暴に奥を突き上げ、痙攣する粘膜の中に欲をぶちまけた。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

 

このエロ漫画を読んだ感想を書いていきます。

 

この漫画の夫は、毎年12月31の大晦日の夜に私と日付が変わるのを性行為で迎えたがります。

 

子供を遅くても10時30分には寝かしつけて私は夜遅くまで起きてようとしてもいつのまにか寝てしまいます。

 

毎年夫は性行為をしながら年明けを私と迎えるのを楽しみにしているので夫は寝ないで時間が来るのを毎年待っています。

 

毎年12月31日には、「寝てても起こすからね」と言われ案の定私は寝てしまっていたので年越しの30分前に夫に起こされ、眠すぎて無視していたら「約束したのに」と言いながら寝せてはくれず強引にキスをしてきて私の服を脱がせながら私の性器に指を入れられ起こされました。

 

その指は止まらないまま夫は私を刺激し続けて胸を揉まれたり、舌で舐めまわされ完全に起きた夫は喜んでいました。

 

夫は、性行為を楽しみに待っていたこともありムラムラが凄く、性器も目で見てわかるぐらい大きくなりすぎているので我慢できなくなり自分から脱ぎ「口の中に入れて」と催促されるので夫の大きくなった性器を口の中に入れ上下させながら舐めると夫はとても感じてくれて時間も年越しの時間が迫っていたのでギリギリの時間まで夫の性器をいじってました。

 

 

年越しの時間になり夫は、「明けましておめでとう今年もよろしくね」と言いながら私に挿入し、お互いとても求め合いました。

 

この漫画では毎年恒例です。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のあらすじ

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

 

この漫画の感想

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓