『過激なセックスシーンの興奮』人をダメにするちょいブスの無料ネタバレ※観覧に注意

磔にされた 人をダメにするちょいブス、は身体をよじらせ、逃げようともがく。

「や、お願っ、やめて……っ」

細い腰を掴んで一気に貫き、

容赦なくえぐるように奥を突けば、

悲鳴に似た嬌声があがる。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

 

このエロ漫画のネタバレを書いていきます。

人をダメにするちょいブス、に媚薬を飲ませると

「なんで、こんな…っふ、んん、ちゅ」

 

「やめて、や、んん、助け、ひゃあん」

蕩けた理性と体を、手で、言葉で嬲られついにめちゃくちゃに抱かれました。

 

あの日の出来を忘れることはないだろう。

 

 

人々は争い、汚れ、そして思い出すことがなくなる。

 

人なるものから消えてしまうものすらあるという。

 

あの日の景色も今では思い出の中だ。

 

 

街並みは変わり、プラタナス一本残っていない。

 

 

変わってしまったのは街並みだけではないのだ。

 

新しい日々あの日「ボク」なる男と会ったのは、好奇心や恋なるものによるものではなかった。

 

 

彼氏らが、自分がいさえすれば恐いことが起きない、ホラね。

 

 

そんな言葉で感謝や愛と呼ばれるものを死なせてしまった時、一度会わなくてはいけないと思ったのだ。会わないわけにはいかないと。

 

 

並木道を約束でもしたみたいに手を繋ぎ歩き、枯葉を踏みしめた。

 

 

踏みしめた落ち葉は、かつて愛したものを思い出させた。

 

そんな時に溢れる着想を「ボク」なる男は、手を繋ぎ歩く時間にしかないことを吹聴しすぎていたのだろう。ゾッとした。

 

 

けれども、その後に続く彼ら「ボクらが選んだ日々」がどんなものであるか、あの日想像さえつかなかった。

 

 

幸福であることが、そんな不幸に見舞われるまでわからないというほど不幸だったわけではなかった。

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のあらすじ

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

 

この漫画の感想

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓